ライティング

【保存版】1000文字のブログ記事を簡単に書けるライティングのコツ

副業で稼ぎたい!

こんにちは!

東京都内の商社に勤める30代副業アフィリエイターの「ぴよこ」です。

私は100記事以上のブログを書いて月5万円を安定して稼げるようになりました。

本記事では、

悩む人

1000文字のブログ記事を簡単に書くコツが知りたい

そんなお悩みを解決いたします♪

本記事の内容
  • ブログ記事が1000文字必要な理由
  • ブログ記事を1000文字書くコツ

1000文字のブログ記事を書けるようになりたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

コツさえ掴めば1000文字は簡単に書けるようになりますよ。

ブログ記事が1000文字必要な理由

あなたがブログを書く目的は何ですか?

  • ブログで稼ぎたい
  • ブログで共感されたい

どちらにも言えることは「ブログを書いても人に見つけてもらわなければ読まれない」ということです。

あなたのブログをインターネット上に公開したとしても、その存在に気がつかないと誰にもアクセスしてもらえません。

もしリアル店舗であれば、道ゆく人に気がついてもらって来店してもらうこともできます。

しかしインターネットではそうはいきません。

インターネットであなたのブログを知ってもらうためには大きく分けて3つの方法があります。

  • SEO(検索エンジン最適化)対策
  • SNSの活用
  • PPC広告

本記事では1つ目の「SEO(検索エンジン最適化)対策」について解説します。

SEO(検索エンジン最適化)対策とは

Googleなどの検索エンジンは、インターネット上に公開されているページを保存(インデックス)して、内容を解析しています

ユーザーがキーワード検索すると、インデックスの中からユーザーが求めていると思われるページを検索結果として表示しています。

そのため、検索エンジンにページの内容を正しく解析してもらうためには、文字数がある程度必要になります。

検索エンジンに認知してもらうために1000文字が必要

検索エンジンに認知してもらうために最低限必要な文字数が「1000文字」と言われています。

1000文字以下だと情報量が足りず、検索エンジンはブログの内容を判断しづらくなります。

そのため検索結果の上位に表示してもらうことは難しくなります。

ブログ記事を1000文字書くコツ

それでは、ブログ記事を1000文字書くコツをご紹介します。

以下のステップで記事を作成してみてください。

  • 記事のキーワードを考える
  • 大見出しを2つ考える
  • 中見出しを2つずつ考える
  • リード文を100文字書く
  • 本文を200文字書く
  • まとめを100文字書く
  • 記事のタイトルを考える

具体的な記事の構成は下記のようになります。

  • リード文(100文字)
  • H2
  • H3
    • 本文(200文字)
  • H3
    • 本文(200文字)
  • H2
  • H3
    • 本文(200文字)
  • H3
    • 本文(200文字)
  • H3:まとめ(100文字)

これで、ざっと1000文字です。

本文はたった200文字を4つ分書くだけで800文字になります。

Twitterが140文字なので2ツイート分より200文字は少ないです。

そう考えたら難しくないと思いませんか?

もう少し書けそうなら、H2やH3を追加することで2000文字以上も書きやすいと思います。

ライティングについては「SEOライティングの基本とは?初心者にもわかりやすく解説します」も是非ご覧ください。

まとめ:SEOのためにブログ記事は1000文字を目指す

ブログ記事が1000文字必要な理由と、そのコツについて解説しました。

まずは文章構成を考えて見出しから作成し、本文を付け足して記事を完成させるのように心がけてください。

ランキング参加中

下記のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!

ランキング投票